これってどんな意味?

home 実演家の権利を知ろう これってどんな意味?実演家の権利集中管理団体の役割って?

実演家の権利集中管理団体の役割って?

『季刊PRE』第5号掲載

 実演家の権利の集中管理を行う機関は、基本的にはふたつの機能を持っているものと思われます。ひとつは、二次使用料の請求や無許諾使用の抗議などの権利行使、権利者の救済のための機能です。もうひとつは、実演を利用しようとする者に対して利用の許諾を行い、また個々の実演家のためには使用料・報酬の徴収と分配業務を行うサービス機関としての機能です。とくに、後者の場合には、実演を利用しようとする者が、簡易な手続きで、計算可能な対価をもって利用できる仲介役としての、権利者にも偏しない、中立的な性格をもつ機関となります。公益性の観点からすれば、利用者と実演家の双方にとっての必要不可欠な存在でしょう。
 現在、芸団協の実演家著作隣接権センター(CPRA)が行っている著作隣接権業務は、まさにこのようなふたつの機能を併せもつものであり、それによって文化を振興する役割ももちます。例えば、実演家の地位向上や権利拡大ならびに芸能文化の振興および発展のために、ロビー活動や運動の母体となることもできるのです。

 関連項目  特別寄稿「なぜ実演家の権利の集中管理が必要か」

芸団協・実演家著作隣接権センター 事務局長  増山 周

←これってどんな意味?のトップに戻る

home 実演家の権利を知ろう これってどんな意味?実演家の権利集中管理団体の役割って?