これってどんな意味?

home 実演家の権利を知ろう これってどんな意味? 著作隣接権って?

著作隣接権って?

『季刊PRE』第3号掲載

 「著作隣接権」(単に「隣接権」ともいう)とは、著作者の権利と区別して、実演家、レコード製作者および放送機関の権利をまとめて呼ぶときに使う用語です。1961年に採択された「実演家、レコード製作者及び放送機関の保護に関する国際条約(ローマ条約)」に由来し、意味するところは、まさしく「著作権に隣接する権利(Neighboring Rights)」、つまり「著作物の伝播あるいは伝達に参加する者に対して付与されている権利」(通説)です。しかし実際は、権利保護の対象には、著作物の実演とレコード、あるいは著作物の放送以外のもの、例えば、奇術やサーカス、スポーツ試合の放送なども含まれています。狭義の「著作隣接権」は、もっぱら排他的権利(許諾権)を指しますが、ときには報酬請求権を含めていう場合もあります。

芸団協・実演家著作隣接権センター 事務局長  増山 周

←これってどんな意味?のトップに戻る

home 実演家の権利を知ろう これってどんな意味?著作隣接権って?