第2回「芸術家の健康に関する実態・ニーズ調査」結果報告

home PREについて 取り組み 第2回「芸術家の健康に関する実態・ニーズ調査」結果報告


【PRE委託調査】
第2回「芸術家の健康に関する実態・ニーズ調査」結果報告

 PREが2012年に調査の委託(※)を行った、第2回「芸術家の健康に関する実態・ニーズ調査」(実施:芸術家のくすり箱)の結果報告をダイジェスト版より抜粋してご紹介します。
※Ⅱ.演劇編、Ⅳ.伝統芸能編のみ調査委託

1.調査概要
【調査目的】
芸術分野特有の運動特性・活動特性をふまえたヘルスケアの普及をめざし、芸術活動による健康面等の実態とニーズを把握するため、 プロの芸術家を対象としたアンケートとグループインタビューによる調査を実施しました。本調査結果が広く共有されることで、 ヘルスケアの面から個々の芸術家のパフォーマンス向上、ひいては芸術のより一層の振興に役立つことを目的としています。
【調査対象】
<アンケート調査>
●バレエ:東京バレエ協議会加盟団体、過去3年間に芸術文化振興基金「トップレベルの舞台芸術創造事業」対象となったバレエ団、 公演実績の多い2バレエ団に打診し、承諾を得た16のバレエ団団員および団員に準ずる属員
●演劇:公益社団法人日本劇団協議会加盟の61劇団のうち、所属俳優の人数が9名以上の劇団で、本調査への協力を承諾した36劇団の俳優
●オーケストラ:公益社団法人日本オーケストラ連盟加盟の正会員のうち、調査実施可能な23団体の楽団員
●伝統芸能:公益社団法人能楽協会傘下の各支部や団体等11団体傘下の能楽師
<グループインタビュー>
各分野のアンケート調査回答者のうち希望者および本調査協力団体による紹介者計19名
【配布・回収数】
計86団体配布、有効回答数494


2.回答者プロフィール
回答者の年代は、バレエでは20代が圧倒的に多く、7割近くにのぼり、演劇は20代から70代以上までまんべんなく分布しており、 オーケストラは男女半数ずつで40代・50代が合わせて3/4以上を占め、伝統芸能は50代以上で約8割にのぼっています。 男女比はバレエが女性多数、伝統芸能が男性多数、演劇はやや女性が多く、オーケストラはちょうど半数ずつになっています。


3.芸術活動による怪我・故障
芸術活動によって起こる怪我・故障の治療経験のある人は、バレエで 95.0%、演劇で 68.8%、オーケストラで 67.9%、伝統芸能で44.1%にのぼっています。 その部位は、バレエでは「足」「腰」「ひざ」「脚」などが多く、演劇は「腰」と、喉を含む「頭部」、オーケストラでは、 担当楽器によって違いはありますが「手」「肩」「首」「腰」が多く、正座の多い伝統芸能は「腰」「ひざ」が多くなっています。


4.怪我の原因と治療・リハビリ
「一番重傷な怪我」について、4 つのジャンルに共通する2大原因は、「使いすぎ」と「疲労」です。3つ目の原因がジャンルの特徴を表しており、 バレエではジャンプの着地など 「技術的な失敗」が19.4%と多く、演劇では「誤った身体の使い方」のほか、 「環境(床や道具など)」も他の分野に比べて多くなっています。その怪我で病院等で受診した人は、一番少ないバレエでは42.1%にとどまっています。


5.治療・リハビリで困ったこと
治療・リハビリで困ったことは、保険がきかない高額な治療費や、仕事を休むと収入を失ってしまうなどの金銭的な負担や、 芸術活動の特性を医師・治療師になかなか理解してもらえない、復帰まで何をどのようにしたらよいかわからないなど、 「治療やリハビリの方法・内容」が多くあがりました。また、治療に通いたくても「休めない」状況や、 「不安・心配」といった精神面でも、苦労している方が多いようです。


6.トレーニング・コンディショニング
過去に継続的に取り組んだことのあるトレーニング・コンディショニングは、いずれのジャンルも「ストレッチ」が多く、 「マッサージ・整体・カイロ」「筋肉トレーニング」が上位になっています。バレエの特徴として、 取り組んでみたいものに「ピラティス」「ジャイロキネシス」が多く、演劇の「ヴォイストレーニング」は経験者も希望者も多くなっています。 「メンタルトレーニング」への関心の高さが注目されます。


7.喫煙・飲酒
喫煙について、演劇と伝統芸能で、国民調査よりも喫煙者が多くなっています。飲酒習慣(週3回以上)については、 全ジャンルとも国民調査より高いですが、特に演劇とオーケストラは約2倍、伝統芸能は約3倍です。




 ダイジェスト版の全ページ、本編は以下のPDFをご覧ください。

ダイジェスト版(全ページ)

[PDF:1.37MB]

Ⅱ.演劇編

[PDF:2.11MB]

Ⅳ.伝統芸能編

[PDF:1.72MB]
◇   ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

冊子をご希望の方は、NPO法人芸術家のくすり箱にて1部1,300円(税・送料込)で頒布しておりますので下記までご連絡をお願いします。

NPO法人芸術家のくすり箱
Tel:03-6302-3048(平日10:00~18:00) E-mail:info■artists-care.com 
※迷惑メール防止のため、メールアドレスの一部を変えています。「■」を「@」に置き換えて送信してください

home お知らせ PREからのお知らせ