いちばん星フェスタ2013 in 南相馬

home PREについて 取り組み 紙芝居 いちばん星フェスタ2013 in 南相馬

PRE制作紙芝居および絵本の読み聞かせを行いました

 「いちばん星フェスタ2013 in 南相馬」は、2011年3月11日の東日本大震災以降、南相馬市を支援している全国の有志との絆を深めることを目的に毎年開かれているもので、2013年は10月13日(日)と14日(月・祝)の2日間にわたって、さまざまな催し物が開催されました。
  この中で、PREは、13日午前・午後の各1回、「野馬追通り銘醸館(のまおいどおりめいじょうかん)」において、女優・石井めぐみさんによる、紙芝居『花さき山』(PRE制作)と絵本『手ぶくろを買いに』(新美南吉著)の読み聞かせを行いました。各回約25名の方々が参加され、子どもたちは上演まで落ち着きなく騒いでいましたが、読み聞かせが始まるととても静かになり、集中して聞いている姿が印象的でした。
 参加者アンケートでは、「とてもすき透る声で心が洗われるお話でした」「石井さんの読み聞かせで子どものころを思い出すことができ、親子で楽しい時間を過ごせました」(『花さき山』)、「キツネも人もお母さんの想いは同じ。感動しました」「心がホンワカするお話でした」(『手ぶくろを買いに』)といった声が聞かれました。
 なお、この読み聞かせは、創作絵本原画展などで愛知を中心に地域活性化を支援するボランティア集団「ゆめゆうと」に事業委託して行われました。

読み聞かせ風景
読み聞かせ風景
野馬追通り名醸館
会場となった「野馬追通り銘醸館」

「いちばん星フェスタ2013 in 南相馬」
開催概要

開催日 2013年10月13日(日)・14日(月・祝)
会場 第1会場 サンライフ南相馬(主会場)
第2会場 原町区福祉会館
第3会場 小川町体育館
第4会場 野馬追通り銘醸館
主催 いちばん星フェスタ2013 in 南相馬実行委員会
イベント
概要
支援アーティスト・地元アーティストによるコンサート、自然エネルギーの体験教室、フラダンス・阿波踊り・よさこい踊りの被災地支援者相互交流、つるし雛・草木染めなどの展示・体験、世界の絵本展、有名絵本の朗読会、東北の昔話、創作絵本の原画展、物産品の販売など

石井めぐみさんのご感想

石井めぐみさん
石井めぐみさんの読み聞かせの様子

─南相馬市を訪れたご感想は?

 とにかく胸がいっぱいです。私は、2年半前の3月11日にもともと南相馬に訪れる予定があったのですが、来る途中で地震に遭ったので、南相馬というのが私の中で特別な街になっていて、「何が私にできるんだろう」とずっと思い続けていました。ですから、今日この街に足を踏み入れて、「南相馬」という標識を見たときに、本当に胸がいっぱいになりました。

─読み聞かせを行ったご感想は?

 紙芝居や絵本って、子どものときと、大人になってもう1回見たときで、まるで見方が違うんだということを読みながら感じました。あとは、それまで結構ワサワサワサと遊び回っていた子どもたちが、朗読を始めると、結構前の方でおとなしく聞いてくれたので、それがとてもうれしかったです。それに時々私の顔をじっと見てくれたこともとてもうれしかったですね。

紙芝居に関するお問い合わせ・ご相談はこちら

 

home PREについて 取り組み 紙芝居 いちばん星フェスタ2013 in 南相馬