著作権用語辞典

home 実演家の権利を知ろう 著作権用語辞典 か行

A-Z    か                
か

許諾権

きょだくけん

例えば、著作権法91条では、「実演家は、その実演を録音し、又は録画する権利を専有する」と定めており、実演家が、その実演を録音したり、録画したりする権利を有していることになる。この裏返しとして、第三者が、その実演を録音し、録画しようとするときには、許諾を得なければならず(著作権法63条1項、103条による準用)、許諾を得た第三者は、その許諾の範囲内において利用することができる(著作権法63条2項、103条による準用)。その実演を録音し、録画しようとするときには、もし許諾を得ないで無断で実演を録音、録画しようとする場合には、差し止めることもできる(著作権法112条)。また、許諾を得ないで実演を録音、録画した場合には、著作隣接権の侵害として罰金など刑事罰の適用を受けることもある(著作権法119条参照)。厳密には、実演家、レコード製作者および放送事業者・有線放送事業者に対して与えられる許諾権を著作隣接権と呼んでいる(著作権法89条6項)。

クラウド・コンピューティング

くらうど・こんぴゅーてぃんぐ

インターネット上にあるサーバー群を、雲(クラウド)に見立てて、ユーザーの手元にあるパソコンに、ソフトウェアやデータを、インストールしたり、保存したりしなくても、インターネットを通じて、どこからも、必要な時に、必要な機能だけを利用することができるコンピューターネットワークの利用形態。例えば、手元のパソコンに、メールソフトをインストールしなくても、ブラウザを通じて、メールを送受信したり、音楽や映像のデータを手元のパソコンに保存するのではなく、クラウド上に保管しておき、複数の受信端末を用いて、音楽や映像を視聴したりすることも、クラウド・コンピューティングの利用形態のひとつ。

芸団協

げいだんきょう

正式名称は、公益社団法人日本芸能実演家団体協議会。実演家を代表する業界団体。俳優、歌手、演奏家、舞踊家、演芸家、演出家、舞台監督等の実演家等の団体が結集し、運営される公益法人。芸術文化の発展に寄与することを目的に、1965年に設立された。おもな事業の柱に、実演家著作隣接権センター(CPRA)および芸能花伝舎の運営や芸能に関するさまざまな調査研究、政策提言、情報収集・発信、研修事業等の芸能振興事業を掲げる。

権利制限規定

けんりせいげんきてい

権利者の許諾なく著作物等を利用できる範囲を定めた規定のことで、著作権法第30条から第50条まで個別具体的に列挙されている。著作権法では著作者実演家などの権利の保護を図り、文化の発展に寄与する目的から、著作物等について権利者に排他的権利を認めている。一方で、著作物や実演などの文化的所産の公正な利用に留意するため、権利者の利益と社会の利益との調和の観点から権利制限規定が設けられている。

公衆送信権

こうしゅうそうしんけん

公衆送信する権利。著作者に認められる許諾権のひとつ(著作権法第23条1項)。公衆送信とは、公衆によって直接受信されることを目的として無線通信または有線通信の送信をいう。ただし、プログラムの著作物以外の著作物を同一構内において送信する行為(例:社内の構内放送や無線LANなど)は公衆送信行為に含まれない(著作権法第2条1項7号の2)。この公衆送信には、自動公衆送信、放送および有線放送が含まれることになる。

口述権

こうじゅつけん

著作者の権利として財産的利益を保護するために認められている、言語著作物を、公に口述する権利(著作権法第24条)。口述とは、朗読その他の方法により口頭で伝達することをいい、実演に該当するものは除かれる(著作権法第2条1項18号)。単純に朗読するのではなく、読み手の演技として行われるような場合には、実演のひとつである口演にあたる(著作権法第2条1項3号)。

公表権

こうひょうけん

著作者人格権のひとつとして認められている権利(著作権法第18条第1項)。著作者は、その未公表の著作物を、公表するか否かを決定することができる。例えば、ある作家が書いた原稿を、本人の意思に反して、無断で公表した場合には、公表権の侵害になる。ただし、未公表の著作物に係る著作権を譲渡したり、美術著作物の原作品を譲渡したりした場合には、当該著作物を公表することに同意したものと推定される(著作権法第18条第2項)。実演家人格権には、未公表の実演について、公表権はない。

コピーガード

こぴーがーど

DVDやVHSなど映像メディアや、CDやMDなどの音楽メディア、そのほか、パソコンソフトやゲームソフトなど各種メディアにおける無断複製を防止するため、その著作物が複製出来なくなるようにする仕組みのこと。

コピーワンス

こぴーわんす

放送されるコンテンツ権利保護対策として、コンテンツのコピーを一回のみ許可する方式。また、そのような方式を実現するコピー制御技術。コピーガードの一種。

home 実演家の権利を知ろう 著作権用語辞典 か行